自転車事故に備える

説明

近年、健康意識の向上や便利さが再注目されブームとなっているものに自転車があります。エコにも繋がると年齢や性別を問わず利用されており、年々利用者は増加傾向にあります。しかし、利用者が増えたことに比例して増加しているものが自転車による事故です。自転車は軽車両という扱いのため、事故を防ぐためには交通ルールをしっかり守って走行する義務があります。自転車は歩道ではなく車道の左側を走るとされています。しかし、自転車走行可といったような標識が付いている歩道の場合は歩道で乗ることが可能となります。しかし、こうした標識や交通ルールを知らずに人や車と接触して事故を起こすケースが急増しています。対人事故の場合、自転車は加害者です。道路交通法で規定されているルールを知らなかった、という理由は認められません。自転車に対しても過失の割合は高くなるため、多額の賠償金を支払うことになりかねません。事故を起こす危険性は誰にでもあります。万が一に備え、自転車保険に加入する必要があります。

自転車保険で補償されるものは、自転車に乗っている際に怪我をしてしまった場合や対人や対物に接触してしまった場合などがあります。保険会社によって補償の内容には多少の違いがありますが、この2つの補償はとても一般的な補償です。また、家族と個人などの契約種別によっては補償される範囲には違いがあります。自転車保険は、対人や対物の事故を起こした際、解決策の一つである示談交渉を本人に変わり行ってくれるサービスもあります。保険会社を選択する場合には、受けられる賠償額やサービス内容が重要になります。すぐに一つに決めるのではなく、比較を行ないその上で契約を行うことが大切です。インターネットで閲覧できるサイトを活用することで、比較しながら探すことができます。直接保険会社に出向く場合には、分からないことを質問し、複数社のパンフを見て比較しながら決めると良いでしょう。自転車事故の賠償額は高額となります。リスクを考え賢く加入することが非常に大切です。