自動車保険の歴史

自動車保険の歴史とは

説明

1914年に日本初の自動車保険が誕生しましたが、その当時はまだ現在のような賠償目的ではなく、高価な財産を守るための保険でした。その後、一般市民に自動車需要が高まり、自動車台数が増加すると共に交通事故も増えたことで、被害者を守るための損害保険と変わっていきます。 現在は強制保険(自賠責保険)と任意保険があります。強制保険は自動車を購入したら必ず契約しなくてはなりませんが、任意保険はカーオーナーの任意で契約して構いません。ただし、任意保険は補償内容が非常に充実しているため、万が一に完璧に備えたいと思うのなら任意保険の契約をおすすめします。 任意保険に契約しておけば、あらゆる事故と膨大な損害賠償額を負担できます。

車両保険の特徴とは

任意保険には対人賠償、対物賠償、自損事故など色んな事故に対応できる補償が組み込まれています。自分で必要と思う補償を選んで構いませんが、中でも契約しようかどうしようか迷うのが車両保険でしょう。 車両保険とは、自分の自動車にかける保険です。 例えば事故で修理が必要になった場合、車両保険を契約しておけば、そこから修理費用を補填することができます。保険料のこともあるので、修理費用の補填は必要ないと思えば契約する必要はありません。 目安として、新車や外車の場合は契約した方がいいとされ、乗り捨てるような自動車は契約しなくてもいいと判断されるようです。また、どの程度の修理費を補填してもらうのか、設定金額によっても車両保険料は差が出てきます。